ぼちぼち回復日誌

元夫がギャンブル依存症。共依存やAC等の回復日誌。嫌なことバンバン手放し中。

家族が自助グループに繋がらない理由追加

 

ciao-rin831.hatenablog.com

 先日アップした後に「肝心なの一個忘れてた!」と思い出したので書き足します。

 

(6)依存症者をすぐにどうにかする方法を知る目的で来る

実際こういうご家族はとても多いです。えぇ……私もそういう下心はバリバリありました……(遠い目)

それを見越してか、必ず言われるのが下記。

「家族にできることはなにもない」

私も言われましたし、冊子や書籍にも駄目押しのごとく書いてあります。

厳密に言えば家族にできることはあるし、回復へと促すアプローチは色々あるのですが、自助は読んで字のごとく自分を助けて、そのことによって他の人も助ける的な集まりなので(私はそう解釈してます)第一かつ唯一の目的が、とにかく依存症当事者をさっさとどうにかしたい!早く現状を変えたい!ここへ来たからにはいい知恵をすぐに得られるはず!という即効性を期待していると、肩透かしを食らったり、すぐに見切りをつけちゃうのかな?って思ってます。「最低6回は通ってみて下さいね」とも言われてますが、文言や働きかけで人を動かすことはなかなか難しいです。まさに無力かと。

 

このすぐにとか早くっていうの……ある種ギャンブラーと似通った思考なんですよね。どなたかの本に書いてありましたが家族もギャンブラーに賭けてるっていうのは言い得て妙だと膝を打ちました。

やっぱり家族も一緒に洗濯機で回っているんだなって振り返って実感してます。

そう言う私自身、すごくせっかちで負けず嫌いです。本来持っていた性分でもあるし、ギャンブラーの元夫とのやりとりで、自分でどんどん悪化させていったところがあるかなーと。

 

私は離婚によってこの洗濯機から出たわけですが、抜け出した当初はおかしなことに物足りなさを感じるんですよね。虚しいっていうか空虚感に襲われるというか……。誰かのために動いていた時間(と言いつつ自己満足の時間を使っていたわけですが)が全部自分に返ってくるので、時が経つのが凄く遅く感じたのを覚えています。

けど今は穏やかな時間がゆっくり流れるのが心地いいです。ちょうど気候も暖かくなっているし、このタイミングで元気になってるって実感できるのは、とてもラッキーです。

 

f:id:ciao-rin831:20180330150527j:plain

 

満開の桜も綺麗だけど、こういうタンポポもかわいくて好きです♪

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村