ぼちぼち回復日誌

元夫がギャンブル依存症。共依存やAC等の回復日誌。嫌なことバンバン手放し中。

一難去ってまた一難だけど前に進むよ~

先日の記事の内容の一件も手放せそうだし、離婚してだいぶ気持ちも落ち着いてきたなーと思っていた矢先に、職場で揉め事勃発!

どんよりと険悪な中で仕事をする日々です。

なるべく囚われないよう「無関係」「無関心」を装ってはいますが、どうしても巻き込もうとしてくる人はいるし、巻き込まれ体質の私の悪い癖が出てきそうになっては、ハッとして引っ込める、を繰り返す今日この頃です。

 

うちは田舎の中小企業で従業員数も多くありません。新入社員が定期的に入ってくる会社ではなく、中途採用がほとんど。

うまくハマれば連携の取れる少数精鋭部隊として機能するんでしょうが、すこぶる仲が悪いのですよね、これが!

ですからとばっちりがくること、八つ当たりされることが少なくありません。

悪しき習慣の『共通の敵を作ることで結束を強める』的なターゲットに私の部署がなったこともあります。

業務的に必要な指摘や改善案なら聞く耳と受け入れる謙虚さが必要でしょうが、単なる個人の好き嫌いや陰口だったら、ただただみんなが不快になるだけです。

自分もついつい同意がてら口にしてしまうので反省してます。

 

陰口や噂話は女性の専売特許的な見方がされてますが、うちの場合は9割が男性社員です。そして率先してあれこれ言ってるのは役職付きの男性数名。

また私の知らないところでパワハラモラハラも行われていたようで、それが原因かは定かではないものの退職者が数名続きました。そのうちの一人はその現状を直談判したみたいですが、社長はじめ役員からその話は一切出てきません。退職者の転職先や懐事情を勘繰ることは平気で事務所で噂してるのに、パワハラモラハラ問題は完全になかったことになってるんだな……そしてその責任の一端は自分にもあるんだと感じてしまい、やるせない気持ちでいっぱいになってます。

せめて転職した人たちが新天地では伸び伸び仕事できるよう、祈るくらいしか私にはできません。

私も自分の普段の言動を顧みたり、将来のことを考えなきゃ!と奮起するいいきっかけにもなりそうです。

 

……と言っても、私は学歴もないし大した職歴やスキルもない。せいぜい今の仕事をコツコツ10年以上続けてる程度くらい。典型的な自分に自信のないマイナス思考タイプで、まだ何もやってない(転職活動やスキルアップ)うちから「あぁ私ってダメだ……どうせ無理だ……」と勝手に落ち込むという非常にタチの悪い癖だってあります。おまけに10人が後押ししてくれたとしても、たった1人の引き止める声があれば、それにググッと引っ張られ凹んでしまう、とっても面倒な性質もあります。

 

けどひっくり返せば、誰かの応援があれば奮起できるわけです(人はそれを単純と言うが気にしない!)

マイナスの意見を言ってくる人がいても、あとからプラスの意見の人にマイナス部分だけを塗りつぶしてもらい、懸念材料だけ気をつけるようにすればいいんじゃん!と思えるようになりました。

 

向こう見ずで多動気味な自分も、見方を変えればフットワークが軽いという利点でもあるんだと(ようやく)気づけました。

元夫のギャンブル依存症問題では、当初の動機こそ「元夫の依存症をどうにかしたい」一心からですが、地元にないのに隣の県まで必死で通いました。

今だって毎週は難しいですが通い続けてます。(これからも同じペースで通うつもり。まぁこれは楽しいのと自分に必要だからって理由が主なのですがね)

ツイッターを通じ、自分から話しかけたりして仲良くなってお友達もできました。

アディクションフォーラムで体験発表も志願しました。

この無駄にありあまる行動力は向こう見ずの無鉄砲だけど、プラス面でもあるじゃん!と少しだけ自信に繋がりつつあります。

 

ネガティブ思考だって、きっと「調子に乗って舞い上がり、すっ転ばないように」というお告げと思い、日々一歩ずつ足元に気をつけながら歩いていきます。

 

とりとめのない内容ですが、私から私へのエールってことです(笑)

でも私って、人を励ますのは好きだけど自分を上手く励ませないんですよね。

これから練習していかないとですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村