ぼちぼち回復日誌

元夫がギャンブル依存症。共依存やAC等の回復日誌。嫌なことバンバン手放し中。

回復優先

別居して左手薬指に指輪しなくなって、早数か月。

そのせいか独り身に戻った実感はあまりないです。

 

今は恋愛のことはあまり考えられません。 

他に(ささやかながら)やりたいことがあるし、まだまだ離婚ホヤホヤ。

子どもはいないけど元夫とは付き合った年月を含めると10年以上一緒にいたので、そう簡単に「はい次!」と気持ちを切り替えることは難しいです。

 

エールとしていただく「いつか心から笑える日がくるよ」とか「あなたならきっと幸せになれる」「ひょっとすると東京在住の人といい出会いがあるかもよ、なんてね」なんて言葉は、気を使ってるわけではなく本心からとってもありがたいです。嬉しく思います。

 

けど「早く次の相手見つけないとね~(ニヤニヤ)」「もういい年なんだし」「男!男!!男!!!」と言われると辟易しちゃうのも事実です。

これは私の受け止め方の問題もあるので、しばらくは聞き流そうと思います。

 

今、優先すべきは自分の回復です。

でないとまた同じ轍を踏んでしまいそうで怖いので。

今回の一件(厳密には一じゃないけどね……)で見えてきたのですが、自分は異性に対して必要以上に萎縮するか上に立ってしまうきらいがあり、なかなか対等な関係というのを築きにくいところがあるのかも?と気づいたのでそこを改善していきたいな〜と考えています。

 

傾向として、とにかく私は自尊心が低い割にプライドが高い。

だから傍から見たら……な人でも別れられなかったり、見捨てられ不安を引き起こして相手を振り回し愛情を確かめる妙な真似をしたり、執着してしまうんだろうなと。

この辺りをしっかりケアしていかないと、また似たような人を引きつけたり惹かれたりするでしょう。

 

無意識のうちに可哀想に反応する癖もあります。

可哀想な人を見ると助けてあげたい衝動が起こり、あれこれ世話を焼きたがります。かゆいところに手を届かせるだけでなく、求められてもない場所までかいて「あげて」相手を無意識に支配しようとします。

元夫との関係でそんな自分の欠点を嫌というほど思い知らされて、今も時々振り返っては自分の「痛さ」に身悶えたり、落ち込んだりすることが多々あります。

 

きっとこの癖は綺麗さっぱり消え失せることはない気がします。

ただ暴走しないように撫でて落ち着かせることは可能だと信じています。

 

何より私自身が私と一蓮托生なわけですから、ダメな自分を受け入れて一番の味方になってあげないといけないなーと思っているわけです。

自分の性格上の欠点はきちんと見つめて改善したり受け入れて、ちょこっとでも好きになっていきたいなと思ってます。

 

まぁこんな偉そうなことをサラサラと書いておきながらもね、芸能人や漫画のキャラにキャーキャーワーワー言ったりキュンキュンとしてますからね、私www

はい、根っからのオタクなのです。

そんな自分は結構好きです。

 

 

自助グループで知り合った人に勧められた一冊。少しずつ読み進めてます。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村