ぼちぼち回復日誌

元夫がギャンブル依存症。共依存やAC等の回復日誌。嫌なことバンバン手放し中。

一蓮托生に思われるのが嫌だった

依存症界のトップを走ってる田中紀子さんが、ご自身のブログで話していた「家族も病んでいる」という記事を読んで、「そうそう!」と頭をブンブン縦に振りました。

 

あの手この手でこちらからギャンブルの軍資金や返済に充てるお金を引き出そうとしてくる強請り行為は私も経験があります。明らかに怪しかったり嘘バレバレな言い分もあれば、めちゃくちゃ巧妙につかれる嘘もたくさんありました。

 

日本は家族神話が本当に強いよなーっていうのはこの世界に入ってよく身にしみました。

こんな風に悟ったように書いている私も、その神話に現在進行形で縛られている1人です。

家族なんだから助け合うのが当たり前、心をフルオープンにして同じ価値観を共有しないといけない、わかりあえて当たり前、助け合っていかなければいけない……それが理想であり正しい家族ーー家族のグループに繋がった今も、その刷り込みはなかなか消えません。

 

私の場合はそんな美談にされがちな理想論ではなく、負の思いも強かったです。

それは元夫の一連の行為を自分の監督不足や責任に思われたくないという自己保身でした。

夫が借金をこしらえてくると「嫁(配偶者)は何をやってるんだ!」と思われたり「母親(親)はどんな躾をしたんだ?」って思われるかもしれない!それがとにかく嫌だったし怖かった。お金の不安もそうだし、そういう言葉の棘がこっちに飛び火してくるのにビクビクしてました。

 

上記が元で当事者そっちのけで家族の間でいざこざが発展するケースも見聞きしてきました。私も元夫の家族から罵声を浴びたり、冷ややかな言葉をかけられたり、自分の身内や知り合いからも責任の一端は私にもあるみたいに言われてとても傷つきました。ある意味当事者からされたことよりも、身内から食らったフレンドリーファイアのほうが辛かったです。これも私自身が「家族だったら自分の味方をしてくれて当たり前。理解してくれて当然」という価値観に縛られていた弊害かなって思います。

 

容赦ない言葉は世間からも向けられました。実際、夫婦は一蓮托生だって言われたこともありますし(今なら「知るか!自分の不始末は自分でさせる!」ですが)理想の家族としての模範行動を、赤の他人から強要されることもあります。

 

私の離婚の経緯はほとんどの人が同情してくれるケースだと思いますが、中には「そんな男と一緒になった本人の自己責任」みたいに言われたりとかするでしょう。

心が安定していれば「じゃああなたは全ての事柄のリスクを100パーセント回避できるんですかぁぁぁぁ?」と心の中で煽り返せるのですが、そうじゃないとその言葉に引っ張られてウジウジして、心の殻に引きこもる(笑)極端な例になると、9人が労ってくれてもたった1人に悪く言われただけでズーンと凹む。

 

今考える私がいけなかった部分は元夫をギャンブルに走らせた原因を自分の中で探るより、必要以上に世間体を気にしたり、理解者や仲間の温かい言葉や支援よりも、そうじゃない人の言葉に引っ張られてしまったことです。いまだにそういうところがあるので、その辺りの考え方の癖や歪みはちょっとずつ軌道修正していきたいなって思います。しなきゃいけない!って思うと、また変な歪みが出てきそうなのでマイペースにゆるりゆるりとやっていきます。

 

そして最後に書いていて「あっ!」と思ったこと。

「こんな風につらつら書いたら、自助グループで卸せる話なくなっちゃった」

……どうしよう、お気に入りのストラップ落としたネタでも話そうかな……。

(ご存知の方このネタ引っ張ってごめんなさい、本当にショックだったのです)

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村

衝動

元夫が横領で会社をクビになった際に言っていた言葉で印象に残っているもの。

 

「こんな状況になってもギャンブルをしたいという衝動が収まらない」

 

こういう現象はギャンブル依存症では珍しくないみたいです。

私はギャンブルの類はほとんどしない(せいぜいビンゴ大会やコンビニなどの一番くじ程度)ので、当事者の方から聞いた知識しかありません。それすらもあくまでも一例でしかないので、患者さんの数だけ渇望や衝動の種類だったりトリガーがあるんだろうと思います。

 

よく聞くのが『お金がない』『仕事や人間関係でのストレス』といったもの。うちの元夫もバッチリ当てはまってました。一度目のやらかしが発覚した際は、仕事の件で元上司から罵詈雑言をかけられていたようですし、依存症者がよく陥る負のスパイラル『ギャンブルで負けた金はギャンブルで取り返す』『返済金をギャンブルで稼ぐ』といった歪んだ認知も見られました。

仕事のストレスの件も含め、もうちょっと早く気づけばよかったなと後悔する気持ちは消えませんが、私は夫婦関係の上で上手くできなかったことを次に活かせるように繋げていくつもりです。

 

かくいう私にも訪れる衝動があります。上記のような『後悔』『自責』です。比較的体調が安定しているときはふとしたときに思い出して胸が痛む程度ですが、憂鬱さが深刻だとグルグルマイナス思考の渦にはまります。そこからさらに悪化すると、些細なことでカッカしたりイライラが加速します。

あとはコントロール欲求のひとつである『アドバイ厨』化。

よかれと思って「ああしたら?」「こうしたら?」とお節介を焼きつつ、相手が言う通りに動かないと不満に思う悪習です。

 

上記はだいぶ姿を現すことは少なくなりましたが、それでも時々顔をのぞかせます。多分きれいに取り除くことはできないでしょう。それは自助グループだったり、色んな力を借りて、自分の問題に周囲の力を借りながら向き合っていけたらなーって、気楽にのほほんと構えてます。いつまでも考えてしまう自分を受け入れられなかったり、早く元気になりたいってう焦り、きれいに取り除かないといけない、なくすべき習慣だ……と、こんな【いけない】とか【すべき】っていう考え方こそがまずかったってよーくわかりましたから。

負の感情に襲われることもしんどいですが、それ以上に気持ちの浮き沈みがあることのほうが苦しいので、こういうときは自分を労わって早めに就寝するとかで自分をケアしてあげようと思います。

 

まぁこんなマイナスな性質も、ひっくり返せば『反省はできる』『次に活かす材料がある』っていうプラス面もあります。アドバイスに関しては求められたときに自分の体験として話すという昇華方法もあります。幸い私のやらかしを卸す場所と機会(自助やツイッターやブログなど)には恵まれているのでそれらを頼り活用しつつ、マイペースにやっていきます。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

自分に合った自助グループ

来月で自助グループに繋がって丸1年になります。最近は月1のペースでゆるく通っている程度ですが、当時は行ける範囲で足繁く通って、家族だけでなく当事者のグループにも熱心にお邪魔してました。我ながら凄い熱量だったなーと振り返って思います。それくらい必死だったんですよ。今こうしてお茶飲みながらのほほんとネットサーフィンしたりブログ打ったりできる程度には回復したので、その手助けをしてくれた自助グループには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

離婚した現在、このまま家族向けのグループに繋がってていいのかな?と葛藤はありますが、今通ってるグループの雰囲気や空気感がとてもいいので、このまま関わらせていただけたらなって思ってます。

過去記事でもチラッと触れましたが、家族の自助以外にもいくつかのセミナーや他の自助の門を叩いたのですが、私に合ってるのが今現在通ってる2グループなんですよね。自助グループって同じ看板を掲げていても、人や場所でかなり雰囲気が違います。いい悪いではなく、自分に合ってるか合ってないかって話で、これって結構重要だなと。

やっぱり雰囲気が合わないなーってなると足が遠のきますし、自助グループ自体が肌に合わないって人もいるでしょう。けどそういう場所があるっていうのを知っているか知らないかはかなり大きいと思います。今は不必要って思っても、今後どうなるかはわかりませんから。

 

まぁ1年前の私は合ってる合ってないなんて選り好みしている余裕なんてなかったです。存在を知って速攻出向いて扉を叩きましたし、自分に合った場所探しなんて悠長なこと言わず、通える場所にあるグループに自分を合わせて、行けるときにとにかく通いましたもん。我ながらよくやったわとしみじみ思います。結果的にそれが実を結んで今の自分があると胸張って言えますから。だから同じような立場で苦しんでいる人がいれば、私は自助グループで救われたよ、とは伝えていきたいです。押しつけにならない程度に。

 

自助全般に共通してる部分ですが、同じことで苦しんでいる人たちと出会えることや、繋がりができるっていうことは孤独や暗闇から抜け出す一歩になるんですよね。それを【惨め】とか【傷の舐め合い】とかって思う人もいるかもしれないけれど『傷は舐めたほうが早く治るよ』ですよ、卍で。

 

今の私にはキッチリカッチリというよりはまったりした空気が合っているので、そういう雰囲気のグループ中心にお邪魔してます。私の住んでいる町には自助はないけれど、通える範囲で繋がった2グループがいいところだったのは本当に幸運でした。ほんと何度も繰り返すけど、家族関係では悩んだけどそれ以外の人には本当に恵まれてます、私。

 

地方や田舎だとグループ自体がなかったり、少ないから選べないっていうこともよくあります。いっそ自分で立ち上げる……という手もありますが、グループを立ち上げたからには運営や継続していく責任だったり、暖簾分け(って言っていいのかな?)してもらうにしても、会議とかがあるって聞いたので勤め人にはちょっとハードルが高い(汗)

 

自助にはお世話になったのでこれからは役割もできる範囲で積極的に引き受けていきたいです。(今思いつくのがチェアマンくらいしかないのが自分の不甲斐ないとこですけど汗)

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村

今日から結婚できます(笑)

相手がいないけどw

 

ありがたいことに、いろんなところからポツポツ異性の紹介の話を頂いております。

以前からそういう話はちょこちょこと出ていたのですが、離婚して2〜3ヶ月の頃は「まだ離婚して数ヶ月なのに……何でそんなこと言うの?!」とか「もう結婚とかこりごり!私は1人で生きていくんだ!プンスコ!」と悲劇のヒロインモードで嘆くか、憤るバーサーカーモードでイライラするかの二者を行ったり来たりしてました。我ながら面倒くさい奴ですね、私。

 

ここだけの話、別居や離婚してまもなくの頃は、寂しい女に映っていたのか、変なDMを送ってくる人とかちょこちょこいたし(今現在の私のフォロワーさんの中にはいらっしゃらないですから!)「早く男探せ」とか煽られたり何かにつけて恋愛に結びつけられたり、手近な異性とくっつけられそうになって囃し立てられたりすることに辟易していたのもあります。それで余計ムキー!となっていました(笑)こういう変に潔癖でお堅いトコロも、もうちょっと柔らかくしたいなぁ……。

 

だけど先週お友達と行った占いで、担当してくれた先生にストレートにズバズバと言われたのが効いたのか「……あんまり頑なにならず、思い切って紹介受けてみようかな?」と前向きに受け止められるようになりました。文字に起こすとあんまり大したことないですが、自分の中では結構大きな進歩なのですよ。私は事を起こす前や何かが起きる前にあれこれ考えすぎる傾向があるので、案ずるより産むが易しで、まずはやりたいことがあるなら勇気を出して飛び込んでみて、アクシデントは起こってから考えるという練習をしなければ……。

そもそも、紹介してもらったからって別にすぐに付き合うとか結婚とかって話にはならないでしょうからね。自助と一緒で気軽に気楽に捉えます。

 

でも正直「また同じような人だったらどうしよう?」という不安はあります。

特に結婚後半の嘘をつかれたことや隠し事が常に存在していたことは記憶に焼きついています。お金絡みで恐怖を感じたことだって、昨日のことのように覚えています。私の第六感が培われたのか、病気が進行して相手がなりふり構っていられなかったのか、また嘘がわかったりギャンブルに通っている証拠を見つけた瞬間を思い出すと、いまだに胸がチクっと痛み疼きます。きっとこれは綺麗さっぱり忘れることはできないんでしょうね。

 

それでも以前と違うのは、依存症の知識が多少身についたことで、誰にでも起こりうる病気であり、私を含めどんな人でもなりうる可能性があるっていうのはわかりました。対処の仕方や相談できる窓口も知ることができたし、相談できる人もたくさんできました。得られたものも、たくさんあります。

けど思い切ってぶっちゃけますと、もう人のお世話焼いたり、お金の管理したりはしたくない!っていうのが本音で、そういう心配があまりない人がいいって思ってます。もっと言えば自尊心がある人がいい!

 

これ以上あけすけに理想の男性を語れば、多分400字詰め原稿用紙が軽く20枚は超えると思いますので割愛します。

 

そんなわけで2018年も半分過ぎたので、そういう方面でも思い切ってチャレンジしていけたらなーと考えています。あとはやりたいことへの邁進ですね。

(その前に現在の仕事の月次処理を明日から頑張りまーす)

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村

旅行

週末から月曜にかけて、旅行してきました。

友達にも会えたし、行ってみたかった占いもできて、欲しいものも購入できたしいいことづくめの週末でしたー♪お腹が膨れてお財布が寂しくなったので、しばらくはいろんな意味で『節』を心がけまーす。

 

今年に入って旅行は2度目なんですが、実は1度目のとき、楽しかっけど結構身体も心もしんどかったんですよね。特に人混みや街並みの喧騒がとてもストレスで、言いようのない不安感に襲われたり胸がザワザワしたり。後は幸せそうなカップルや家族づれ見て「キー!!!」とか、そういうときに苦手な人から愚痴のLINEが来たりして滅入る……と負のスパイラルに陥ってました(笑)

けど今回はそんなこともなく、いい意味での旅疲れと睡眠不足が出たくらいで純粋にエンジョイでき、ホッと安堵してます。

 

鬱々してたときは楽しいことを楽しめなかったし「好きなことをエンジョイできない」っていうのを体感させられて愕然としてました。以前は楽しめていたのにって思うと、余計に悔しかったり辛かったのを覚えています。旅行に限った話ではないですが、楽しいことや好きなことを臆することなくできた、できるようになったっていうのは、ちょっとずつ回復していってるんだって小さな自信にもなりました。

 一緒に行動してくれた友達のおかげが大きいだろうなって思います。私は嫌なことが続いたり、ストレスがかかると内側の殻にこもりやすいので、話せる人がたくさんできたのが励みや力になってます。みんな色々大変だろうけど元気そうで短い時間でも一緒に過ごせて本当によかった!

 

自分は『家族』に関しては色々あったけど、それ以外の〝人の縁〟に対してはかなり恵まれてるなって思います。全員がいい人ではなく、元来の「嫌と言えない&はっきり断れない性格」で、ちょっとアレな人も引き寄せやすい性質ですが、元夫や家族のことがきっかけで繋がれた人も多いし、そこから発展していった縁も多いです。自分の安全地帯は家族や家庭じゃなくてもいいんだって思えたし、そういうことに気づける&できるようになったっていうのも元気になっていってる証左なのかも?

 

会社でお世話になってる人にもお礼がてらお土産渡せたし、旅行カバンも整理したし、今日はゆっくり休みたいと思いまーす♪ボーナスもらったらまた行こっと!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

ギャンブラーの元夫と離婚してもうじき半年です

長いようであっという間の期間でした。

ちなみに別居したのはおおよそ一年弱前?で、ちょうどプリキュアで追加戦士のキュアパルフェが登場したあたり。キラキラ☆プリキュアアラモードの後期EDを聴くと、そのときのことが脳裏に蘇ります(笑)

 

離婚したてのころはバツイチになるということに変な不安や怯えがありました。「(離婚したこと)バレたくない」ってこととか世間体とかやたら考えてて、〝今〟思い返すと、些細なことでビクビク気に病んでましたねー。

隠そう隠そうと躍起になってました(笑)

正直今も、たいして親しくない人には事情を説明するのが面倒なので、あんまり知られたくないなーとは思います。

 

けど今でこそ笑い話ですが、当時の自分にとっては死活問題だったんですよ。よく聞く「時が解決してくれる」時間薬って台詞も、自分で体感したからこそ身体に落ちてきました。それこそ時間がたたないとわからなかったです。

言葉やエールは即効性がないこと、どうしても相手に届かない領域っていうのが人にはあるし、乗り越えるのはその人自身なんだってしみじみ実感してます。けど当時かけられた暖かい言葉や励ましは、今になって感謝とともにじんわりしみています。

 

お話聞いてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 

よく結婚より離婚のほうが何倍も大変だという話を聞きますが、ケースバイケースですね。うちの場合は離婚する前の擦った揉んだのほうが断然キツかったって胸を張って言えます!それに加え、修羅場だの何だので心が鈍感になって麻痺していたので、ずいぶんあっさり離婚という運びになったなーと回顧してます。

 

元夫のことは時々思い出します。もう悲しみや罪悪感なんかで心を強く揺さぶられることはないけれど、元気でやっててくれたらいいなって。これ、同じ立場の人なら「わかる!」って共感してくれる人、絶対そこそこいるはずですが、されたことは許せないけど、心底恨んだり憎んだりしているかって言ったらNOなんですよね。それがイネーブリングしてきた(元)妻の傾向とか共依存特有のって言い切られると返す言葉もございませんが、私が心置きなく幸せになるためにも、そっちも元気で幸せでやってくれ!っていうのは嘘偽りない正直な気持ちです。

 

まぁそんな余裕があるってことは、心や生活がだいぶ落ち着いてる証拠でもあるんでしょうがね。もし困窮していたりすると確実に恨んで呪っていたでしょうが。

 

だから静かに現状に感謝したいと思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村

久々に自助グループへ参加してきました。

行く前ドキドキ、行った後スッキリ!私以外にもこう感じている方はいらっしゃるはず!

 

ツイッターにも書いたのですが、自助グループの御賞味のひとつに「人の話を聴ける」というのがあります。自分の話をする効果も抜群ですが、傾聴もいろんな気づきを得られたり、自分を探るヒントやきっかけになります。

その中で自分の悪い癖が浮き彫りになることもあります。

例えば私は自分の発言前になると(何を言おうかな?)と考え始め、今話している人の話をしっかり聴けない、という反省すべき点が見つかりました。(いまだに治っていないフシが……猛省です)

また人の話に(それはちょっと違うんじゃ?)と批判的に思う自分がいたり、今はそれほどでもないですが、あれこれ口出ししたくなる衝動に駆られたりなどなど。

今まではそんな自分に落ち込んでいましたが、別に自己嫌悪すべきことじゃなく、やってしまったことは成長の糧にすればいいし、心の中に浮かぶことはしょうがないよね、なんて今はフランクに考えられるようになりました。

とりあえず口出し行動を慎めてることで及第点、と甘々で自分に合格点を出してます。行動を改めればそのうち思考も少しずつ変わるでしょうし、何より感情や欲求は無理に押さえつけるよりも優しくなだめたり、うまく昇華させることが自分にとっては合ってるやり方だって気づけたのでよかったです。

 

ここ数カ月は仕事の都合やらで不参加が続いていたため、久々に会場に行くのは若干緊張したのですが「お久しぶりです」と温かく迎えて下さる方が多く、「行ってよかったなー♪」と帰りはテンションが上がりました。

正直、自助へ参加するのが億劫なときもあるのですが、そういう場合って心の引っかかりや何らかの理由がある場合があるので、心理状態のチェックにも使えます(笑)

 

家族の自助グループは、最初は間違い探しではなく共通点探しになることが多いです。「わかる!」「うちも、私もそうだった!」とたくさんの共感が得られます。けど丸々同じということはあり得ないんですよね。

私は離婚しましたが、ギャンブラーさんと生活を共にしている家族もいたり、離れて暮らす人もいる。共通点はあれど、やっぱり私たちは違う人たちの集まりであり、答えもそれぞれのベストやベターを自分で見つけて行く場所だって、私は思ってます。

 

いろんなグループやセミナーにもお邪魔した結果、私は今参加している2グループが合っているので、そこをメインに参加していきます。

朗報で、地元にも自助が立ち上がるかも?!と聞いたので、時間と場所の都合が合えばそちらにもお邪魔してみたいです。

けど立地によっては今のほうが近くて便利だったりするんですよね。田舎だと車がないといけない場所だったりするのですが、都市部だと電車やバスで行けるので。

 

この一冊で「自助グループ」がわかる本([季刊ビィ]Be!増刊号№26) (季刊ビィ増刊号 No. 26)

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存性の家族・友達へ
にほんブログ村